『初心者必見』アフィリエイトで使いたいおすすめツール11選(無料版)

無制限
この記事ではアフィリエイト初心者が使いこなしたい11の必須ツールについて解説していきます。
ただし、以下の五つについては使っていて当たり前だと思うので、この記事では取り上げておりません。
もし、使い方を知りたい場合は、「〇〇(ツール名)+使い方」等で検索窓に打ち込むことによって、使い方を書いた色々なWebサイトが表示されます。
そこで、使い方を確認してください。
①ワードプレス
②グーグルキーワードプランナー
③関連キーワード取得ツール(ラッコキーワード)
④グーグルアナリティクス
⑤グーグルサーチコンソール
この五つはアフィリエイターにとっては必須とも言えるツールなので、多くのアフィリエイターが使い方を紹介しています。
よって、この記事では上記以外で使ってもらいたい必須ツールについて解説します。
この記事を読むことによって、今まで知らなかったツールの存在を知る事が出来たり、新しい使い方を覚える事ができます。
ぜひ、最後まで読んでアフィリエイトの作業を効率化していきましょう。

アフィリエイトで使いこなしたい必須ツール11選

必須ツールアフィリエイトの作業は孤独で時間がかかる作業が多いです。
私のブログの記事をいくつか読んだ方はお分かりだと思いますが、ブログ設計や記事の設計一つとっても非常にやる作業が多い事が分かりますよね。
こういった作業は慣れてくるに従って、作業効率が上がってどんどん作業時間は短縮されてきます。
しかし、今回ご紹介する11ツールを使いこなすことで、更なる効率化を目指すことができます。
どんなツールでも最初は使い慣れていないので、多少は時間がかかりますが使っているうちに使い勝手が理解できてきて必須のツールになっていきます。
以下から私が普段から使っている11の無料ツールを紹介します。
ぜひ、使い倒してあなたのアフィリエイトの作業の効率化にお役立てください。

必須ツール①Xマインド

Xマインドは以下のURLからダウンロードできます。
(https://jp.xmind.net/download/)
サラリーマンの副業でアフィリエイトを始める方ならマインドマップというツールは今までに使ったことがあるかもしれませんね。
私自身も数年前から、マインドマップを使うようになりました。
マインドマップのツールはいくつかありますが、その中で無料で使う事が出来て、使い勝手のよいのが「Xmind」です。
アフィリエイトで使う場面を想定すると、以下のような場面で威力を発揮します。
・ブログ全体の設計
・記事の設計、タイトル、見出しなどの書き出しの整理
・キーワードの整理
・ブログのカテゴリの整理
・紹介したい商品の特徴などのまとめ
Xマインドはアプリもありますので、スマホやタブレットでも使う事ができます。
Xマインドで色々な事を整理してまとめたら、グーグルドライブに保存しておきましょう。
ドライブに保存しておくことによって、どこにいても整理した内容を見る事ができます。
また、出先でも思いついたことがあれば、まとめたマインドマップに追加したり修正することも可能です。
今まで使ったことがなかった人も、この機会に是非使いこなしていきましょう。

必須ツール②Page Speed Insight【サイトのスピードを測定する】

ページスピードインサイトの画面
下記のURLにアクセスしてください。
(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/)
このツールはブログの表示スピードを計測することが出来るツールです。
ブログのURLだけをコピペして入力するだけでスコアを表示してくれます。
グーグルのアルゴリズムの中には、ブログの表示スピードも項目の一つに入っていると言われています。
遅いよりも早い方がいいに決まっています。
ワードプレスで作ったブログは知らない間にプラグインがどんどん増えてそれが影響して表示スピードが遅くなる場合があります。
また、画像の数が増えるにしたがって、それが原因でブログの表示スピードに影響を及ぼす場合もあります。
SEOの観点からも定期的にあなたが作ったブログの表示スピードを計測しておきましょう。
このツールはパソコンとモバイルの両方の表示スピードを計測することが出来ます。
現在はモバイルファーストと言う言葉があるようにモバイルの表示のスピードの方がパソコンの表示スピードよりも重視される傾向にあります。
必ず両方の表示スピードを定期的に計測して改善していきましょう。

表示スピードが遅い時の四つの対処方法

四つの対処法
表示スピードが遅い場合は、以下の四つの施策を順番に試していきましょう。
①不要なプラグインを削除する
ワードプレスブログの運営歴が長くなるにしたがって、どんどんプラグインが増えていきます。
これはある意味仕方がない部分もあるのですが、プラグインは出来るだけ少ない方がプラグイン同士の干渉を起こしにくいのです。
また、使っているテーマと相性が悪いプラグインもあります。
相性の悪いプラグインは使っているテーマのマニュアルに記載されいるはずなので逐次確認していきましょう。
それで、相性の悪いプラグインが分かった時点で、まずは無効化します。無効化した後に削除していきます。
面倒な作業ですが、これは一つ一つ手作業で行うしかありません。
②サーバーにアクセスしてPHPを最新バージョンにする
WordPressはphpという言語で動いており、契約しているサーバーでphpのバージョンを最新にすることができます。
契約してレンタルサーバーの管理画面で、PHPのバージョンが最新のものになっているか確認しましょう。
一、二年前にに契約したサーバーの場合はほぼ影響はありませんが、数年前からレンタルサーバーを借りている場合は、大幅な改善が期待できます。
またセキュリティの面から考えてもPHPのバージョンは最新のバージョンにしておいた方がいいです。
ただし、PHPのバージョンアップをするという事は、ブログを動かしているシステムをアップデートするということなので、必ずバックアップは取っておきましょう。
③画像の容量を適切なサイズにリサイズする
画像の容量を適切なサイズにリサイズすることで、WordPressの高速化を実現できます。
通常の場合は、一つの画像ずつリサイズを行う必要がありますが、 WordPressの場合は「EWWW Image Optimizer」を導入すると画像を一括リサイズしてくれます。 
プラグインを導入した後は、画像を追加する際、自動でリサイズしてくれるため大変便利です。
もし、このプラグインをまだ導入していなければ、すぐに導入して画像を一括リサイズしておきましょう。
④WordPressキャッシュ化プラグインを導入する
キャッシュとは、Webサイトを一度読み込んだブラウザに一時ファイルを生成し、次に読み込む時にすべてのファイルを読み込まなくてもいいようにする機能です。
キャッシュ化プラグインを導入すると、Wordpressの高速化を実現できます。
キャッシュ化プラグインには様々な種類がありますが、私がおすすめするのは「W3 Total Cache」です。
名称の中にもあるように、様々なキャッシュを軽減する機能が備わっています。
このプラグインもぜひ導入しておきましょう。
表示速度が遅い時に導入したいプラグイン2選

・EWWW Image Optimizer

・W3 Total Cache

 

必須ツール③keysearch beta 検索意図の分類

キーサーチベータ
以下のURLからアクセスしてください。
https://kitsune-room.com/tools/keysearch/
keysearch Betaは、キーワードの検索意図を大まかに分類してくれる便利なツールです。
記事を書く時は、必ずキーワードありきで記事を書くことが必要です。
そして、それぞれのキーワードには必ず検索意図があります。
読者が検索窓に打ち込むキーワードには必ず何らかの目的があるのです。
私たちが記事を書くに当たっては、まずは読者が打ち込んだクエリをしっかり分析して意図を探らないといけません。
キーワードに向き合ってある程度の期間が経つと、ある程度の検索意図は分かるようになります。
それでも分析するキーワードの数が増えるに従って、考えるのが面倒になったりごちゃごちゃして頭の中が整理できなくなることがあります。
そんな時に役立つのが今回紹介するツールです。
二語までのキーワードを入力することによって、キーワードを塊としてマッピングしてくれます。
迷った時には使ってみてください。
ただし、3語以上のキーワードは入力してもマッピングはされません。
ですから、二語までのキーワードの検索意図を探る際に使ってみてください。

必須ツール④SEOチェキ(ライバル分析簡易版)

seoチェキ
まず、下記のWebサイトにアクセスしてください。
(http://seocheki.net)
SEOチェキでは、タイトル、説明文、h1タグなどのサイト情報をはじめGoogleでのインデックス登録状況やキーワードによる検索順位、キーワード出現頻度、発リンク数、whois情報などを確認することができます。
トップページが表示されます。
URLに自分のホームページのURLを入力して、「チェック!」ボタンを押下すると、該当URLの情報が表示されます。
上記五つのリサーチ項目の中でこの中で最も使うメインとなるページは「サイトSEOチェック」です。
基本的に他の4つの項目もサイトSEOチェックのページから全て確認することができます。
ここではサイトSEOチェックのページ情報を説明していきます。
SEOチェキ(せおチェキと読みます)は、そのサイトのタイトルやメタキーワード、ディスクリプションを簡単に見ることができるのでどんなキーワードで上位表示させたいのか丸わかりですね。
その他にも、「どこのサーバーを使っているのか?」「いつドメインを取得したのか?」なども分かってしまいます。 
有料ツールの「hrefs」であれば、さらに細かいライバル分析ができますが、初心者の間は有料ツールを使う必要はありません。

必須ツール⑤KOUHO.JP【楽天やamazonなどのサジェストを知る】

kouho.jp
以下のURLからサイトにアクセスしてください。
(https://kouho.jp/)
このキーワードツールでリサーチできるのは以下のサジェストワードです。
Googleサジェスト
Amazonサジェスト
楽天サジェスト
Bingサジェスト
はてな連想語
Yahoo知恵袋
Twitter共起語
アマゾンアフィリエイトや楽天アフィリエイトをする人にとっては重宝するツールです。
Googleサジェストや関連キーワードツールでは見つけられなキーワードを発見するのに便利なツールです。
特にオンラインショッピングでのサジェストキーワード(Amazon・楽天)は、購買に直結するようなキーワードが発見できます。
サイトアフィリエイトをするならチェックしておきたいキーワードツールですね。

必須ツール⑥ヘッドラインチェッカー

ヘッドラインチェッカー
以下のURLからサイトに入ってください。
https://kitsune-room.com/tools/headline-checker/
アフィリエイトやブログの記事を書いていると、なかなかネタが思いつかなかったり、この記事がライバルよりも検索上位に表示されるのか、読者が求めている情報がまとまらない時があります。
そんなときは、「Headline Checker(ヘッドラインチェッカー)」という無料ツールを使うことで検索キーワード上位10サイトの「共起語・タイトル・見出し・文字数」を一括で取得して調べることが出来ます。
上位10サイトは検索1ページ目の記事なのでGoogleが「検索キーワードの答えに最も近い」と判断している優れたコンテンツが表示されています。
「ユーザーの検索意図」を調べるために、ライバルの記事を分析するのにとても役立ちます。

必須ツール⑦バナー工房

バナー工房
以下のURLからサイトに入ってください。
(https://www.bannerkoubou.com/)
バナー工房はヘッダー画像等を作成する際に重宝する画像ツールです。
オープンツールでなのでインストールする必要がなく、サイト上でヘッダー画像等を作成することができます。
私はこのツールをアフィリエイトを始めてからずっと使っています。
人によっては「CANVA」を勧める人も多いですが、私の一押しはバナー工房です。
使いこなせば使いこなすほど色々な使い方が出来ます。
管理画面も直観的に使いこなせるように設計されているので慣れれば慣れるほど使い勝手がよくなります。
フリー素材ツール「O‐DAN」と併せて使う事によって、独自のヘッダー画像を作成する事も出来ます。
また、大きいヘッダー画像だけではなく、サイズの小さい画像等も作成することが出来ます。
色々な使い方が出来るので、ぜひ使い倒してくださいね。

必須ツール⑧フリー素材ツール O-DAN

o-dan
以下のURLからサイトに入ってください。
(https://o-dan.net/ja/)
フリー画像を探す際には、商品利用OKの写真を検索できるサイト『O-DAN』を使うと、簡単にイメージ通りの画像が見つかりますよ。
というのもO-DANでは、キーワードを入力すれば、32箇所ものフリー素材サイトから一挙に画像をピックアップしてくれるのです!
たとえば、以下のように「ライター」と入力すれば、ライターのイメージに合う画像がズラッと表示される感じですね。
フリーツールのオーダン
連想しやすい写真ならすぐ出てくるので、ひとつずつフリー素材サイトを巡る『画像探しの手間』からは、これでおさらばできますよ!
イメージに合う画像探しって意外と時間かかるので、時間短縮のためにも活用してみてくださいね!
人と違う使い方をしたい場合は、日本語ではなくて、最初に英語に翻訳した単語を入力しましょう。 
そうする事で、他の人が検索するよりも更にグレードアップした画像が見つかります。

必須ツール⑨リムーブバックグラウンド 画像の背景を削除するオープンツール

remove-bg
以下のURLからサイトに入室してください。
(https://www.remove.bg/)
簡単に画像の背景を削除するツールです。
気に入った画像があっても、背景が気に入らないってよくありますよね。
そんな時に重宝するのがこのサイトです。
私もよくお世話になっています。
オープンサイトなので、いつでも手軽に利用することが出来ます。
インストールする必要がないので気に入っています。
このサイトは、画像を合成する時などに重宝します。
合成というのは二つ以上の画像を同じ画像内で使う場合などを指します。
ヘッダー画像を作成する場合は、使いたい画像が見つかっても背景画像が邪魔になって自分のイメージ通りのヘッダー画像が作れない場合があります。
そんな時に、このサイトで背景を削除して画像を合成させてヘッダ画像等を作成します。

必須ツール⑩ワードプレスのテーマを簡単に調べる事ができるツール

ワードプレステーマの調査ツール以下のURLからサイトに入室してください。
(https://whatwpthemeisthat.com/)
このサイトはワードプレスのテーマをワンクリックでリサーチすることが出来る便利なツールです。
私は毎日のように色々なワードプレスブログをリサーチしていますが、その時にこのブログのテーマは何を使っているのだろうか?と疑問に感じる事があります。
そんな時は、ブログのURLを入力するだけで、どんなテーマなのかが分かってしまいます。
また、どんなプラグインをインストールして使っているかも分かるので本当に便利です。
アフィリエイトに於いて、競合をリサーチするというのは本当に大切な要素の一つなんですね。
記事の書き方は言うまでもなく、プラグインやテーマなどもしっかりリサーチしましょう。

必須ツール⑪文字数カウンター

文字数カウンター
文字数をカウントできるツールは色々な種類のものがあります。
その中でも私が重宝しているのが以下のツールです。
以下のURLからサイトに入る事ができます。
(http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm)
私は記事を書く際は、必ず下書きを書きます。
その際に目安としてどれくらいの文字数になっているかを必ず事前にチェックします。
その時に使っているのがこのサイトです。
シンプルなツールですが、私は毎日のように使っています。
Googleドキュメントでも文字数はカウントできるのですが、他のサイトの文字数を調べたい時なんかはこの文字数カウンターが便利です。
コピーして貼り付けるだけで計測できるので簡単ですよね。

まとめ~アフィリエイトで使いたいおすすめツール11選(無料版)

今回は私が普段から使っている無料ツールを11個ご紹介しました。
特に使って欲しいのは「SEOチェキ」です。
これを使えば、ライバルサイトの中身が丸わかりです。
アフィリエイトの作業は地味で孤独な作業が多いですが、単純化できるものはどんどん単純化していき、出来るだけ頭を使う作業を増やしていきましょう。
それが詰まるところ、ライバルサイトとの差別化に繋がります。
(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA