【レンタルサーバー初心者向け】サーバーを選ぶ際のポイントになるCPUとメモリを徹底解説

レンタルサーバーのスペック
cぷレンタルサーバーのスペック                                           レンタルサーバーを選ぶ一つの基準としてスペックがあります。
 
私たちがパソコンを選んだりする時に、スペックを気にするのは周知の事実です。
 
レンタルサーバーも基本的には、パソコンと同じ仕組みになっているのでスペックを気にする必要があります。
 
スペックの中でも、今回は最重なポイントになるCPUやメモリについて詳しく解説します。
 
 
CPU
 
                                          CPUとは、「Central Processing Unit」を省略した頭文字で日本語では「中央演算装置」または「中央処理装置」と呼ばれます。
 
簡単に言うとコンピューターの脳みその部分です。
 
CPUの役割は以下の二つです。
 
 
CPUの役割

①キーボードやマウスなどから入力された情報を加工し、ディスプレイなどの装置に出力する。

②演算処理で四則計算や論理演算などの処理を行う。

どんな複雑な計算であっても演算の組み合わせで回答を出すことができる。

 
 
CPUの性能はビットと言う単位で表します。
 
 
4、8、16、32、64ビットから用途に合わせて適切なものを選びます。ビットは数字は大きくなるほど多くのデータを処理することが可能です。
 
 
現在のサーバーではほとんどが64ビットのCPUを搭載しています。
 
 
CPUの中心部分には実際に処理を行っているコアと呼ばれる中央処理ユニットがいくつか搭載されています。
 
 
CPUの中に入っているコアの数によって、「1コア」「2コア」という表現をします。
 
 
CPUができた当初は1コアが主流でしたが、その後、デュアルコア(2コア)トリプルコア(3コア)、クアッドコア(4コア)と言う具合にコア数は増えてきました。
 
 
なぜ、このようにコア数を増やしてきたか言うと、コア数を増やすことによって処理能力が上がるからです。
 
 
前述したように、CPUによって処理の早さが違うので、 性能が高いCPUを搭載していると、データ処理の時間が短くなります。 
 
 

マルチコアの読み方

1コア :シングルコア

2コア :デュアルコア

3コア :トリプルコア

4コア :クアッドコア

6コア :ヘキサコア 

8コア :オクタコア

10コア :デカコア

 
 

スレッドが多いと何故性能が上がるのか?

 
スレッドというのは、1コアあたりの同時にこなせる作業数の事を指します。
 
コア数に比べると性能に関する精度は小さいですが、CPUをより効率的に活用できるというメリットがあります。
 
 
ですから、同時に複数のソフトなどを使う場合のマルチタスクに於いては大きな性能アップにつながります。
 
 
例えば、1コア2スレッドならば、最大で二つの仕事を同時に処理できます。
 
 
1コア1スレッドよりも処理能力が高いということになります。
 
 
そして、スレッド数よりもコア数が多い方がより性能が高いという事です。
 
 
以下の数字を参考にしてください。
 
 
6コア/6スレッド < 6コア/12スレッド
 
 
2コア/4スレッド < 4コア/4スレッド
 
 
 

CPUの種類について

CPUの種類
 
                                           ここではCPUの種類について解説します。
 
 
Xサーバーに搭載されているCPUは個人向けのパソコンに搭載されているIntel社「Coreシリーズ」よりも性能がよい「Xeon(ジーオン)」を搭載しています。
 
 
パソコンに詳しい方ならご存じだと思いますが、Corei5とかCorei7等は聞いたことがあると思いますが、Xeon(ジーオン)」というのは聞きなれない名称だと思います。
 
 
このXeon(ジーオン)」は個人向けのパソコンには搭載されないハイスペックなCPUです。
 
 
企業用のパソコンやレンタルサーバー向けに開発された高スペックなCPUと言えるでしょう。
 
 
CPUは、CPUの2大メーカーであるAMDのRyzenシリーズとIntelのCoreシリーズでシェアを分け合っています。
 
 
個人向けのパソコンでは、Ryzen製のCPUやインテル製のCPUが使われています。
 
 
シェア争いでは、最近はRyzenの方がやや分があるようです。
 
CPUのシェアについて
 
青色がIntel社、赤色がRyzen社です。Intel社のシャアがここ数年右肩下がりなのが、分かりますね。
 
CPU種類 用途
Intel社 Zeon 企業向けパソコンやレンタルサーバー向け
Intel社 Coreシリーズ 個人向けパソコン用
Intel社 Pentium 個人向けパソコン用
Intel社  Celeron 個人向けパソコン用
AMD社 Ryzen 個人向けパソコン用
AMD社 FX 個人向けパソコン用
AMD社 Aシリーズ 個人向けパソコン用
 
 

メモリとは何か?

 
レンタルサーバーのメモリ
                                           メモリとは大雑把に言うと、データを保管する場所の大きさのです。
 
 
CPUは人間で言うと計算するスピードであったり、色々なことを同時に処理する能力をさします。
 
 
一方でメモリは人間の記憶力だと認識すれば分かりやすいです。
 
 
そして、コンピューターの場合はこのメモリの数が大きければ大きいほど処理する能力が高くなるので、CPUの性能もさらに上がります。
 
 
CPUとメモリの違い

◆CPUは処理速度を決める要素

◆メモリは処理したデータを保管して同時処理する役割を果たす箱

 
このように考えるとさらに分かりやすいですね。メモリ(RAM)があることでソフトの同時処理がより早くなります。
 
 
どれだけ高性能なCPUをサーバーに搭載していても、メモリの容量が少ないと同時に処理するという並行処理能力は遅くなります。
 
 
それだとCPUの性能の良さが全く生かせないことになります。
 
 
CPUの能力を存分に生かすには、メモリの容量が確保されて初めてその潜在能力が発揮されるのです。
 
 

レンタルサーバーにおけるメモリについて

 
レンタルサーバーのメモリ
 
                                           個人向けに家電量販店で販売されているパソコンの場合、搭載されているメモリは 低価格パソコンで2GB~4GBの範囲です。
 
 
一方で10万円を超えるパソコンであれば8GBから16GBくらいのメモリは搭載されています。
 
 
 
企業用のレンタルサーバーに搭載されているメモリの容量は、 個人向けのパソコンに搭載されているCPUよりも遥かに多くなっています。
 
レンタルサーバー会社にもよりますが一般的には48GB~192GBのメモリを搭載しているサーバーが多い印象です。
 
 

主要レンタルサーバーののCPUとメモリのまとめ

 
 
レンタルサーバー会社名 CPU メモリ
Xサーバー Intel Xeon 10コア/20スレッド 512GB
mixhost Intel Xeon 36コア/72スレッド 256GB
コアサーバー Intel Xeon CPU 最大28コア 396GB
conohaWing Intel Xeon 10コア/20スレッド 130GB
カラフルボックス Intel Xeon 40コア/80スレッド 512GB
さくらインターネット Intel Xeon  CPU  48GB
ヘテムル 非公開 非公開
ロリポップ 非公開 非公開
バリューサーバー Xeon 8コア以上 96GB
スターサーバー 非公開 非公開

上記表から分かる事は、日本の主要レンタルサーバーではインテル社のXeonシリーズのCPUを搭載しているということです。

 

 

Xeonの特徴は、コア数が多いことです。

 

 

コア数が多いことで、作業の効率化が図れます。ですから、画像処理や動画処理などもスムーズに行うことができます。

 

まとめ

 

今回はレンタルサーバーを選ぶ際にポイントになるスペック(CPUとメモリ)に焦点を当てて解説しました。

 

具体的には以下の事を解説しました。

①CPUとは何か?
②CPUの種類について
③メモリとは何か?
④レンタルサーバーにおけるメモリの役割について
⑤主要レンタルサーバーのCPUとメモリのまとめ

 

初心者には少し難しい解説になりましたが、パソコンを選ぶ際にもCPUやメモリは大きく関係してくるので、しっかり頭に入れておきましょう。

 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA