【ブログ初心者必見】目次って何故必要?目次の必要性と作り方を徹底解説!

ブログ

ブログを書き始めたけど、

・目次って作らないといけないの?
・何で目次を付けるの?
・目次の付け方が分からない!

 

そんな悩みを抱えている人必見です。

 

このページでは、ブログで目次を付けた方がいい理由や読者目線で考えた場合に目次が必須であること、そして目次の付け方について解説していきます。

 

例えば、あなたが何かの書籍を読んでいたとします。
本を読む前に大抵は目次に目を通すと思います。

 

もし、目次がない本を手に取ったとしたら読む気がしますか?多分しないですよね。

 

そもそも、目次がない本なんて存在しないと思いますが・・・目次があれば読者は迷うことなく読み進めていく事が出来ます。

 

また、昨今のSEO的にも目次は必須のアイテムと言えます。

 

このページを読み終えた直後から、もう目次の作り方で悩むことはなくなります。

 

ぜひ、目次を作る際の参考にしてくださいね。

目次ってどうして必要なの?

目次の必要性最近のブログでは、記事ごとに目次を付けるのは当たり前になってきています。

 

少し前なら記事に目次がないブログでも上位表示することはありましたが、今のSEOの状況を見てみると、目次がないブログが上位表示しているケースはほぼないと言っても言い過ぎではないと思います。

 

グーグルそのものが、昔と比べてどんどん読者ファースト、読者の悩みを解決できるサイトを上位表示させています。

 

では、なぜそれほど目次が重要視されるのか?

 

それはグーグルが読者の悩みを解決するブログを上位表示させようとアルゴリズムを頻繁に変更しているからです。

 

ここでは、なぜグーグルがそこまで目次にこだわるのかを解説していきます。

ブログを運営するには、まずは読者ファーストという考え方が必要

読者ファーストブログを読者が訪れて読む理由は様々です。

 

しかし、私たちがブログを運営する目的は、ブログを通じて読者の悩みを解決していくことです。

 

その結果、商品を購入してもらったり、メルマガ読者になってもらいます。

 

という事は、何を置いても読者ファースト主義でブログに訪れた読者に記事を読んで良かったという満足感を感じてもらう必要があるのです。

 

それと共に、読者が特定のキーワードを打ち込んで、何らかの悩みを解決できないと記事を書く意味もないということになります。

 

ブログに訪れた読者は、まず目次を見て自分の悩みが解決できるかを探します。

 

その結果、目次に問題を解決できそうな答えがない場合は、ブログから離脱します。

 

ということは、目次を見て読者に次を読んでもらえるようにしておく必要があるのです。

 

目次を作る目的は、ブログを訪れた読者にどんな記事が書かれてあるかを告知する為であり、目次そのものは記事を読みやすくするための羅針盤の役割を果たします。

 

→ 記事設計についてはこちらの記事をご覧ください

グーグルは目次を作って読者が読みやすいかを把握している

グーグルグーグルの検索エンジンの仕組みは、クローラーと呼ばれるロボットをネット上に回遊させて、色々なブログの情報を読み取らせます。

 

そして、グーグル独自のアルゴリズムによって、検索順位を決めています。

 

グーグルはあくまでも読者目線で読者に役立つ検索エンジンを目指しています。

 

そういう事から考えると、SEO対策としても目次の作成は必須と言えますね。

読者ファーストを考えた時に、必要な目次作成の具体的なテクニック

スキル次に読者ファーストを考えて、読者が読みやすい記事を作るための具体的なテクニックについて解説します。

 

目次を作る前に必須の作業としては、まずは記事全体の構成を考えないといけません。

 

記事の構成が決まっていないのに、記事の目次を作る事は出来ないからです。

 

まずは、記事の構成をどう考えるかを見ていきましょう。

記事の構成を考える

記事の構成とは、記事の大枠を考える事です。

 

大枠を考えてから、小枠を整えていくと、その後の記事が書きやすくなります。

 

記事の構成を記事を書く前に、決めておくことによってスムーズに記事を書いていくことができます。

 

一般的な記事の構成は、以下のような構成です。

・記事タイトル
・リード文(導入文)
・目次(大見出しのまとめ)
・大見出し
・本文(必要に応じて中見出し、小見出しを入れる)
・まとめ

上位表示されているブログを見ると、大抵は以上のようにきちんと記事の構成がまとめられています。

 

記事本文を書く前に、以下の項目に考えて作成しておくと、その後の記事作成がスムーズにできます。

 

ここからは、記事作成に当たって、最も大切な要素である

・記事タイトルの付け方
・リード文の作り方
・見出しの作り方について個別に解説します。

記事タイトルの作り方について

タイトルの作り方記事タイトルに文字数については、色々な意見があります。私の場合は、おおむね30字~40字を目安に記事タイトルを作っていきます。

 

記事の中で記事タイトルは最も重要な要素です。

 

何故なら、検索エンジン経由でブログを訪れる読者は、記事タイトルを見てブログに訪れます。

 

ですから、記事の本文よりも、記事のタイトルがいかに大切であるかがここでも理解できます。

 

記事タイトルには、必ず狙うキーワードを含めます。

 

狙うキーワードを含めた上で、読者にとって魅力的なタイトルを作っていきます。

 

狙うキーワードはタイトルの中に二つまでは入れてもOKです。

 

また、記事を書く前にタイトルを作ってもいいですが、記事を公開する前にもう一度タイトルを精査して、このタイトルでユーザーがブログに来てくれるかという視点で見直してみましょう。

 

慣れるまでは難しいと感じると思いますが、上位表示されている記事を参考にしながら記事タイトルを作っていきましょう。

リード文の作り方について

リード分の作り方リード文は記事タイトルの次に大切な要素です。

 

何故なら、記事タイトルを見てブログにやってきた読者が、次に見るのがリード文だからです。

 

リード文を読んで、自分が求めている情報があると読者が判断すれば、そのままブログを読み進めてくれますし、もし読む価値がないと判断すれば、ブログから離脱していきます。

 

ブログを読まれるためにも、リード文はしっかりと作っていく必要があります。

リード文作成のポイントは以下の三つです。

 

リード文のポイント

・結論を書く
・結論に対して、その理由を明確にする
・リード文を読んで記事の概要が分かるようにする

以上の三つに注意してリード文を作っていきましょう。

見出しの作り方について

目次の作り方見出しの作り方のポイントは以下の二つです。

 

見出しの作り方のポイント

・その項で伝えたい事を集約して書く

・文章が不自然にならないようにキーワードを盛り込む

その二点が大切なポイントになります。見出しの役割は読者に書かれてある内容を分かりやすく伝えることです。

 

そのためには、その項に書かれている内容を短くまとめて書く必要があり、そうすることで読者は、その記事の内容が把握しやすくなります。

 

また、前の項でもお話しした通り、SEO対策のために見出しにはキーワードを入れていきます。

 

ただし、キーワードを入れたことによって文章が不自然になっては、本末転倒です。

 

不自然にならないようにキーワードを入れていきましょう。

まとめ~目次って何故必要?目次の必要性と作り方を徹底解説!

今回はブログの書き方で目次について解説しました。

 

また、目次を作る際には必須になる記事全体の設計についても併せて解説しました。

 

繰り返しになりますが、最近のブログで目次がないものは、ほとんどありません。

 

目次がある事によって読者が迷わずブログを見る事が出来ますし、検索エンジン対策としても必須です。

 

慣れない間は、面倒に感じる事もありますが、最初に目次を作っておいた方がその後の記事の執筆がスムーズになります。

 

ぜひ、記事を書くまえに全体的な記事設計や目次を作ってから記事を書くようにしていきましょう。

(Visited 11 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA