【初心者必見】ブログ記事の書き方で押さえておきたい7つのポイント

書き方のポイント

ブログの記事を書くときに、こんな書き方でいいのかな?と迷いながら書いていませんか?

 

この記事では初心者ブロガーが記事の書き方で押さえておきたいポイントを七つに絞って解説します。

 

何故、ポイントは七つなのか?

 

それは、ポイントの数を多くしてもすべてを意識して記事を書くことは無理だからです。

 

初心者の間は、この記事で解説する七つのポイントを意識して記事を書き続けることによって次のステップに移行することができます。

 

まずは、初心者から中級者になるためのステップにあがる為に七つのポイントを意識してブログの記事を書いていきましょう。

 

具体的に解説するポイントは以下の通りです。

 

ポイント①読者ファーストが最も大切

ポイント②記事を読む人のターゲット設定

ポイント③タイトルが命だと思って「タイトル」で読者を惹きつける事を意識する。

ポイント④記事の構成を事前に必ず決めてから書き始める

ポイント⑤タイトルの次に大切なのはリード文

ポイント⑥見出しを決めてから本文を書き出す

ポイント⑦一晩寝かして翌日に読み返して修正する

 

細かい事を言い出すとまだまだありますが、初心者の間に意識しておきたいのは上記の七つのポイントです。

 

この記事を読み終える頃には、あなたはもう記事の書き方で迷う事はなくなります。

 

最後まで記事の書き方にお役立てください。

 

ポイント①読者ファーストを徹底する

読者ファーストブログの書き方で一番大切なのは、常に「読者ファースト」を意識して記事を書くことです。

 

自分の言いたいことを伝えるのではなくて、読者にとって役に立つ・ためになる・面白いなど、
常に読者ファーストを念頭に置いて記事を書いていきます。

 

ポイント②~⑦は、読者ファーストという考え方を理解して初めて役に立つ具体的な対策です。

 

ブログ記事の八割~九割は読者がブログに訪れて読んで良かった、悩みを解決できたと読者満足度が上がるような記事を書かなくてはいけません。

 

最近のグーグルは読者満足度が上がる指標をアルゴリズムの中に取り込んでいると言われています。

 

という事は、逆説的に言えば読者満足度が高い記事を書くことによってグーグルの評価も上がり、その結果上位表示されると言うことになります。

 

とにかく、読者に読まれるには狙ったキーワードで上位表示されなければブログ記事を書く意味がないのです。

 

繰り返しになりますが、あなたが書いた記事が読者の役に立っているかという点を常に考えながら記事を書いていきましょう。

 

ポイント②ターゲットをしっかり設定する

ターゲットを明確にするポイント②は読者に役立つ記事を書く為には必須です。

 

それは何かと言うと、記事を読んでくれるターゲットとなるユーザーをあらかじめ決めて、そのターゲットに向けて記事を書く事です。

 

ブログを構築する場合、あらかじめブログのターゲットを設定するか記事ごとにターゲットを設定するかを決めておく必要があります。

 

例えば、ブログ全体のターゲットユーザーが「ブログ初心者」の場合も、記事単位では「最近ブログを始めたものの記事が最後までうまく書くことが出来なくて悩んでいる知人の佐藤さん」などさらに絞っていく必要があります。

 

この時に絞るコツは、たった一人に絞ることです。

 

ここで、あなたは疑問に感じたかもしれませんね。

 

「たった一人に絞って本当に大丈夫なの?」
「一人に絞ったら多くのユーザーに記事を読んでもらうことが出来ないのでは?」

 

こんな風に感じたかもしれないですね。

 

でも、安心してください。

 

世の中はあなたが考えているほど狭くはないのです。

 

ターゲットをたった一人に絞っても、絞ったターゲットに該当するような人は探せばいっぱいいるのです。

 

たった一人に絞り込むことによって、

「それって俺の事じゃん」
「私も同じ悩みを抱えていたんだ」
「なぜ、俺の悩みが分かるんだろう?」

等と必ず反応する人たちがいるのです。

 

もう一度言いますね。

 

ターゲットをたった一人に絞り込むことによって、結果として同じ悩みを持った多くの人に記事を届けることが出来るのです。

ターゲットの絞り込みはこちらの記事をご覧ください。

 

ポイント③タイトルが命だと思って「タイトル」で読者を惹きつける事を意識する。

ブログのタイトルタイトルの付け方は別の記事でも解説していますが、とにかくブログにおいて記事のタイトルは最重要です。

私は記事を書く前に必ずタイトルを先に考えます。

 

その時に付けるタイトルは「仮タイトル」でいいです。

 

そして、記事を書き終えて最終的に記事を公開する前に、再度全体を見直し、その時にタイトルも見直します。

 

ここで、見直す時の注意点は、

 

①記事の内容とタイトルが合致しているかどうか
②読者にとって記事を読んでみたいタイトルになっているか
③タイトルを読んで記事に書かれている内容が想像できるか
④記事を読むメリットが提示されているか
⑤キーワードを含んでおり、32文字~40文字以内に収まっているか

 

この五つをチェックしてみてください。

 

あなたがタイトルを読んでみて、記事を読みたいと感じたらそれで、そのタイトルは合格ラインです。

 

タイトルの付け方についてはこちらの記事をご覧ください

 

ポイント④記事の構成を記事を書く前に決めてから記事を書き始める

記事の構成仮タイトルが決まったら、次に記事の構成を考えます。

 

ここでよくあるのが、構成を考える前に記事を書きだすことです。

 

初心者の場合、構成を考える前に記事を書きだすと、多くの場合、記事を書き終える前に手が止まってしまいます。

 

途中で何を書いたらいいか分からなくなるためです。

 

構成を事前に考えておく事によって、手が止まるのを防ぐ効果があります。

 

それだけ記事を書く前に構成を考えておくことは大切な要素だと理解してください。

 

また、事前に構成を考えていても、記事を書いていく途中でこんなことも含めたいと記事の内容が変更になる場合もあります。

 

もし、そうなればそれは自然の流れなので、新たに構成を考え直して記事に含めていきましょう。

 

最初に記事の構成を考えると言うと、すっごく記事を書くのに時間がかかりそうな気がしますよね。

 

実は私も初心者の頃、最初に記事の構成を考えるなんて面倒だなと思っていたんです。(笑)

 

でも、半分いやいやそれを続けていて分かったことは、筆が進むのです。

 

手が止まらないで、記事を最後まで書き続けることが出来るのです。
これは本当のことです。

 

それと共に、最初は記事の構成を考える時間がかなりかかっていましたが、慣れてくるにしたがって、どんどん記事の執筆の時間が短くなっていったんです。

 

これは本当に、この方法を実践している人にしか理解できない感覚です。

 

私が書く記事は平均すると6千文字~8千文字はあります。

 

長い記事になると一万文字を超えるものも少なくありません。

 

でも、それだけ長い記事であっても、記事の構成から記事を書き終えるまで2時間~3時間ほどで終了します。

 

多分これは他のブロガーと比べても早い方ではないでしょうか!

 

構成を元にして記事を書きあげて、書き終えてから記事を見直しすればいいのです。

 

記事設計についてはこちらの記事をご覧ください

 

ポイント⑤タイトルの次に大切なのがリード文

リード文記事の構成が完成したら、いよいよリード文を書いていきます。

 

リード文は記事の中でタイトルの次に大切な要素です。

 

何故なら、タイトルに引かれてブログに訪れた読者が最初に読むのがリード文だからです。

 

いくら秀逸なタイトルで読者をブログに呼び込んでも、リード文がしょぼいと、その先の記事は読まれることはありません。

 

リード文で最も大切な要素は、リード文を読んだだけで記事の概要をつかめる事です。

 

記事に何が書かれてあるかをリード文でしっかり伝える必要があります。
それこそがリード文の役割だと認識しましょう。

 

そして、タイトルの中にもキーワードを含めてくださいと伝えましたが覚えていますか?

 

キーワードは読者の悩みを表した大切な単語の組み合わせです。

 

ですから、リード文の出来るだけ最初の部分にキーワードを含めます。

 

リード文を見た読者が、リード文を読んで記事に書かれてある内容をいち早くつかんで記事を早く読んでみたいと思ってもらう必要があるのです。

 

ポイント⑥見出しを付けてから記事を書き始める

見出しポイント④で記事を書く前に、記事の構成を考えてから記事を書くという事を解説しました。

 

その時点で、すでに記事の構成は出来ており、見出しは考えているはずです。

 

記事の構成は以下のようになっていますね。

 

・記事タイトル

・リード文

・H2 中見出し

  H3 小見出し

・H2 見出し

  H3 小見出し
 
・H2 見出し

・H2 まとめ

 

もし、記事の構成が上記の通りになっていない場合はこれを参考にして見直してくださいね。

 

中見出し、小見出しにも出来るだけ選んだキーワードを盛り込んでいきましょう。

 

ただし、キーワードを入れて作った見出しが不自然な場合はこの限りではありません。

 

見出しにキーワードを入れるというのは二つの意味があります。

 

読者に対して、「キーワードを含んだ大切な事が書いてあるよ」と言うアピールの部分。

 

検索エンジンに対して、大切なキーワードでこのキーワードで上位表示させてくださいという検索エンジン向けのアピール。

 

この二つの意味合いがあると理解してください。

 

キーワードはその記事の「主語」のような役割を持っているため、文章の最初の部分で使うようにするとうまく含めることができます。

 

見出しを作ってから本文を書き始めますが、本文を書くときもキーワードを意識しながら記事を書いていきましょう。

 

ただし、あまりにもキーワードを入れすぎて文章が変にならないように注意しましょう。

 

ここで、再度繰り返します。

 

記事は読者の為に書くものです。読者ファーストは最初から最後まで貫き通しましょう。

 

ポイント⑦一晩寝かしてから翌日の読み返す

文章を寝かす記事を書き終えたら、次に行うのは記事を一晩寝かすことです。
ここで料理を思い出してください。

 

料理番組で何か美味しい料理を作るときに「冷蔵庫で一晩寝かします」と言う言葉を聞いたことがありませんか?

 

料理をおいしくする為に、この寝かせるということが非常に大切な工程だという事なんです。

 

この事は記事にも同じことが言えるのです。

 

書き終えたばかりの記事は、言うならばまだ未完成品です。
より完成度を高めるためには、熟成させなければいけないのです。

 

熟成させるには、一晩じっくり寝かせて翌日に読み返すと言う作業が必要なのです。

 

これも経験を積み重ねる事によって、必要性が理解できてきます。

 

最初はせっかく何時間もかかって書き終えた記事なので早く公開したいと思うのです。

 

私もブログを書き始めた頃はそうでした。
数年間もそういう状態が続きました。

 

でも、アクセスが増えない、上位表示されないと言う現実に直面したのでやり方を変えざるを得なかったのです。

 

翌日に書いた記事を見直すことによって、必ず修正点が見つかります。

 

もし、修正点が見つからなければあなたは文章を書く天才です。(笑)

 

私は凡人なので、今でも一晩寝かすと修正しなければいけない部分がいっぱい見つかります。(悲)

 

でも、自己満足の記事を書いても誰も見向きもしてくれないのです。

 

いかにして読者に読んでいただく事が出来るか?
読者が読みやすい記事になっているか
装飾をして工夫しているか
伝えたいことが伝わっているか

 

こういう視点で記事を見直してみましょう。

⇒記事の修正についてはこちらの記事をご覧ください。

 

まとめ~ブログの書き方の七つのポイント

今回の記事では、ブログの書き方のポイントを七つに絞り込んで解説しました。

 

解説したのは以下の七つです。

 

ポイント①読者ファーストを徹底する

ポイント②ターゲットをしっかり設定する

ポイント③記事タイトルにキーワードを必ず含める

ポイント④記事の構成を記事を書く前に決めてから記事を書き始める

ポイント⑤タイトルの次に大切なのがリード文

ポイント⑥見出しを付けてから記事を書き始める

ポイント⑦一晩寝かしてから翌日の読み返す

 

ブログを書き始めて、まずは三か月は以上の七つのポイントを意識しながら記事を書いていきましょう。

 

三か月経った頃には、最初に書き始めた記事と比べてみるとまるで別人のように記事のクォリティーが上がっている事に気が付きます。

 

いかに意識が大切であるかが分かります。

 

最後の少しだけ付け足しておきます。

 

これは、記事を書き終えて一晩寝かした後にチェックしてください。

 

・中学生が読んでも分かる表現になっているか
・専門用語を使っている場合は、注釈を入れているか
・漢字が多すぎないか
・漢字とひらがなのバランスはいいか
・漢字は5文字以上連続して使っていないか
・ひらがな7割、漢字2割、カタカナ1割(記事の黄金比)
・語尾が統一されているか
・文章の語尾は3回以上連続して同じものを使わない。
・1文40文字、多くても80文字以内に収める。
・箇条書きにできるときは箇条書きを使う。
・一つの見出しに最低一つの画像が入っているか
・記事の装飾が適度かどうか

 

以上12項目ありますが、私自身が普段記事を書くときにチェック項目として使っているものです。

 

あなたの記事の執筆に役立てていただければ幸いです。

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA