【初心者必見】独自ドメインと取得費用、取得方法について徹底解説!

独自ドメイン

ブログ初心者がこれからブログを作ろうとする時にいっぱい分からない単語が出てきます。

 

ドメインもその中の一つではないでしょうか?

 

独自ドメインは、簡単に言うとWebサイトのURL(文字列)のことを指します。

 

この記事では、初心者でもドメインについて理解が深まるようにドメインについて詳しく解説しています。

 

また、バリュードメインで実際にドメインを取得する手順も解説しています。

 

この記事を最後まで読むことによって、ドメインについて理解が深まり自分でもドメインを取得することができます。

 

ぜひ、最後まで読んでドメインについて理解を深めてください。

 

⇒ ドメインの種類が多いバリュードメインを見てみる

 

ドメインは世界でたった一つだけのもの

どめいんはたったひとつだけのもの前述したように、ドメインとは、WebサイトのURLのことです。

 

「URL」(ユーアールエル)は、Uniform Resource Locatorの略でインターネット上のデータやサービスを特定するための形式的な表示方法です。

 

主にそのリソースの所在(インターネット上の住所)を特定するために使われます。

 

ブラウザの上部のURL表示欄に直接URLを入力されると該当のホームページが開きます。

 

通常の形は「http:// 」の形で始まります。

 

例えば、当ブログのURLは、「https://arafifate.com」になります。

 

そして、https:// の後ろの部分「arafifate.com」が独自ドメインになります。

 

このドメインは、ドメイン会社で取得することができます。

 

通常は一年以上の契約で、ドメインを取得することで、自分だけのURLでWebサイトを作る事ができますし、専用のメールアドレスを作る事ができます。

 

そして、一番重要なことは、このドメインは世界でたった一つだけのものです。

 

ですから、あなたがもし何らかの文字列をドメインとして取得した場合、そのドメインを取得しているのはあなただけということになります。

 

ドメインはあなただけのオリジナルな文字列を取得することが出来る

ドメインを取得するドメインの大きな特徴は、自分で好きな文字列を考えて取得することが出来るということです。

 

例えば、「ドメイン.com」というドメインが欲しいと思ったら、ドメイン会社で取得できるかどうかを調べます。

 

そして、あなたが欲しいと思ったこの「ドメイン.com」が誰も使っていなければそのまま契約すれば取得することができます。

 

もう一つ例を挙げておきます。

 

例えば、ニキビ商品で有名な「クレアラシル」という商品があります。このクレアラシルに関するレビューブログを作るとします。

 

その場合、望ましいドメインは「Clearasil.com」を取得すればSEO的にかなり有利になります。

 

しかし、クレアラシルは人気商品であり、すでにこの文字列をドメインとして取得している人は既にいると思います。

 

そんな時の奥の手として「Clearasil-nikibi.com」等、メインとなるドメインの後に関連する文字列を加えることによって、取得できやすくなります。

 

ドメインの種類について

ドメインの種類ドメインにはいくつかの種類があります。また、各ドメイン会社では、毎年使えるTLDが増えています。

 

※TLDとは「TOP LEVEL DOMAIN」の略です。

 

ここでは、よく使われているドメインを紹介します。

 

ドメインの料金について

ドメインの料金

ドメインの料金は、TLDによって違います。一番安いドメインだと初年度は一円、あるいは無料で取得することができます。

 

ただし、二年目以降は料金がかかるので注意が必要です。

 

ドメインの料金はざっくりですが、年間1,000円~4,000円 です。

 

多くの人は一年更新にするので、一つのドメインについて更新料金がかかります。

 

もし、一つ1,000円するドメインを10個持っていると、年間で一万円の費用がかかります。

 

ですから、複数のWebサイトを運営する場合は、必ずドメインの更新料金も加味した上で取得するようにします。

 

ドメインの取得の方法について

方法ドメインの取得は各ドメイン会社で申し込みます。手続きは5分~10分程度で取得することが出来ます。

 

一番時間がかかるのが、どのドメインを申込むかそのドメイン名を考えるのに時間がかかります。

 

ドメイン列はかなり重要なので、しっかり考えて取得するようにしてください。

 

次から実践編として実際にドメインの取得について図解で解説します。

 

ドメインを実際に取得してみよう

バリュードメインの画面ドメイン会社はいくつかありますが、ここでは私がいつも使っているバリュードメインで取得していきます。

 

ドメインの取得の手順①取得したいドメイン列を考える

考える先ほど考えた、「Clearasil.com」で取得できるかどうかをチェックします。

 

調べ方は、検索欄に自分で考えたドメインを入力して調べるだけなのでとても簡単です。

 

人気のキーワードだと取得済みになっていることが多いですが何回でも無料で調べることができます。

 

「Clearasil」で調べてみると、次の画像のようになります。

ドメインの検索「X」印は、すでに誰かが該当するドメインを取得していて、取得することが出来ないという表示です。

 

一方で「取得可能」と表示されているドメインは取得できるということです。表示されている中で最も安価なドメインは「.work」の49円です。

 

では、実際に「.work」ドメインを取得する流れを解説します。

 

料金を支払う

先ほどまでの流れで、「.work」の「取得可能」をクリックします。
すると、以下の画面に移行します。

ドメインの取得1先ほどの画面では49円でしたが、消費税が加算されて料金が53円になっているのが分かります。

 

さらに下にスクロールしていくと、登録者情報の記載欄が表示されます。

 

また、一度もバリュードメインでドメインを取得したことがなければ、ここでメールアドレスや住所、電話番号などの個人情報を記載します。

 

さらに下にスクロールしていくと、以下の画面が表示されます。

ドメイン取得2

 

 

Whois情報とは、ドメインを誰がそのドメインを所有しているかを確認することができる情報です。法律で一つ一つのドメインを誰が所有しているかを明示することが義務付けられています。

Whois情報公開代行サービスを利用することによって、ドメイン保持者の登録情報を「バリュードメイン」の情報に変更することにより、ドメイン所有者のプライバシーを保護することができます。

次に「弊社の代理名義にする」をクリックします。

 

この操作を行わないと、個人情報がネット上に流出します。簡単に手続きを行うことが出来るので必ず行うようにしましょう。

 

クリックすると以下の画面に移行します。

 

ドメインの登録

 

 

 

 

 

画面が移行したら、「弊社の代理名義にする」をクリックします。これでドメインの「WHOIS情報」の変更は完了です。

 

完了したら、最後の料金を支払います。下にスクロールしていくと、以下の画面に移行します。

ドメイン料金の支払い支払いオプションはいくつかありますので、あなたが支払いしやすい方法を選んで、いずれかをクリックして下さい。

 

以上でドメインの料金の支払いは完了です。お疲れ様でした。

 

→ Xサーバーを契約すれば永久ドメイン無料

 

 

まとめ~独自ドメインと取得費用、取得方法について

この記事ではドメインの意味や取得の仕方について解説しました。

 

初心者でも理解出来るように丁寧に解説しましたが、解説だけではまだ不十分です。

 

ドメインの意味や取得の方法が理解できたなら、あとは自分で実践していきましょう。

 

何度か実際にやってみることによって、初めてその方法は自分のものにすることが出来ます。

 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA