【レンタルサーバー初心者必見】サーバー選びに欠かせないストレージについて徹底解説

レンタルサーバー

レンタルサーバーを選ぶ基準の一つに「ストレージ」があります。
しかし、ストレージの意味が分からないと悩んでいませんか?

 

私たちが普段から使っているパソコンやスマホでも「ストレージの空き領域が不足しています」などの表示が出る事があります。

 

ストレージとはデータの保存場所や大きさを示します。

 

レンタルサーバーにおいては、ストレージの種類や大きさが選ぶ際の大きなポイントになります。

 

ストレージに関してしっかりした知識を持っていることでレンタルサーバーを選ぶ際に困らなくなります。

 

最後まで記事を読んで「ストレージ」に関する知識を深めてください。

 

レンタルサーバーとオンラインストレージの違いについて

オンラインストレージここでは、レンタルサーバーとオンラインストレージの違いについて解説します。と言うのも、この二つを混同している場合があるからです。

 

レンタルサーバーとオンラインストレージは全く違います。

 

レンタルサーバーはサーバー会社と契約する事によって使えるサービスです。

 

これに対してオンラインストレージはネット経由で使えるデータボックスと理解しておけばいいでしょう。

 

ネット上には無料でこのデータボックスであるオンラインストレージを借りる事ができます。

 

それについては後述します。

 

この二つのサービスの似ている所は、二つともネット経由で使うことができるサービスだということです。

 

レンタルサーバーの使用目的は主にWebサイトの作成に当たって、そのデータ(テキスト・画像・音声・動画等)を保管しておく場所になります。

 

また、メールアカウントも決められた範囲の中でいくつも作ることができます。

 

一方でオンラインストレージで借りることが出来るのは「ファイルの置き場」です。

 

ファイルを置いたり、出したりということしか出来ません。

 

もちろんメールサーバーとして使用することも出来ません。

 

無料で使えるオンラインストレージを解説

無料オンラインストレージここでは、おまけとして無料で使うことができるオンラインストレージをご紹介します。

 

一口にオンラインストレージと言っても様々な種類があり、それぞれに個性や特徴があります。

 

以下、無料で使えるオンラインストレージの代表的なものをご紹介します。

 

Google ドライブについて

グーグルドライブGoogleドライブは、Googleアカウントがあれば、作ることができるオンラインストレージです。

 

私もこのサービスは十年以上前から使わせてもらっています。

 

どんな用途があるかと言うとあらゆるテキストや画像、音声、動画などの保存やバックアップが可能です。

 

データをグーグルドライブにアップロードして保存・共有することも可能でです。

 

Googleアカウントを持つiOS、Android、MacやWindowsからも利用することができます。

 

一つのアカウントに付き、15GBと大容量が使うができます。

 

アカウントの作成は少々面倒ですが、一度作ってしまえば容量が増えるので色々と使い勝手がいいと思います。

 

dropboxについて

ドロップボックス

現在のオンラインサービスの基本を作り上げた元祖がDropboxです。

 

ドロップボックスに収納された各種データは、各種デバイスと同期させることができます。

 

パソコンとタブレット、スマホなどのデバイスに素早く同期させることができるので出先でデータに目を通したい場合に非常に便利です。

 

収納しているデータの量が増えても検索しやすいという特徴があります。

 

また、私たちが普段から使っているGmail Facebook chatwork Office Onlineなどのアプリケーションと連動しているのも大きな特徴です。

 

また一人で使う事ができるだけではなく、プランを拡張することによって複数のユーザーで使う事も可能になっています。

 

Dropboxは、さまざまなデバイスやアプリケーションに対応しているので作業効率を上げたい人におすすめのオンラインストレージです。

One Driveについて

One DriveはMicrosoft社が提供しているオンラインストレージです。
Microsoftのアカウントがあれば無料で5GBまで使う事ができます。

 

最も大きな特徴はMicrosoft Officeと連携しているので各種データの保存だけではなくリアルタイムで共同作業を行うことができます。

 

例えば、iOSデバイス、Androidデバイス、MacやWindowsからアクセスしファイルのデータやアップロードを行うことができます。

 

Office365やWindowsを利用している人の中でも、PC、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスからファイルを共有したい人には使ってもらいたいサービスです。

 

Evernoteについて

エバーノートEvernoteはメモや画像、音声ファイル、写真、動画など、あらゆる情報を手軽に保存・共有できるオンラインストレージです。

 

PC、スマートフォン、タブレットなどのデバイスにも対応しています。

 

写真での記録、スマートフォンのテキストへのメモ、Webページのクリップなど、まるでノートを取る感覚で使用できます。

 

写真でさえメモ代わりに使えるところがEvernoteの強みですが、家計簿アプリ、スキャナーアプリなど幅広いジャンルのアプリケーションとの連携も魅力的です。

 

Evernoteはスマートフォンやタブレットで効率的に作業を行なえるので、移動中などにさっと作業したい人におすすめです。  

 

以上、私が普段から使っているオンラインストレージを紹介させていただきました。

 

HDDとは何か

ハードディスクドライブ次にパソコンやレンタルサーバーで使用されているHDDについて解説します。

 

HDD(Hard Disk Drive)は、回転する磁気ディスク(プラッター)が一定の間隔を空けて何枚も重なりあい、磁気ヘッドによってデータの書き込みや読み込みを行うデバイスです。

 

HDDの磁気ディスクは比較的安価なので、データの容量当たりの価格が比較的安価なのが特徴です。

 

こういう特徴があるので今までは、多くのパソコンを含めたコンピューター、レンタルサーバーにおいても使われてきました。

 

デメリットは衝撃に弱い事や処理速度に時間がかかることです。

 

HDDがデータの読み込みを行う度に磁気ディスクが回転や移動を行います。

 

そのためにどうしても一定の時間がかかってしまいます。

 

また、衝撃に弱いので、データの読み書きを行っている最中に内部の磁気ディスクや磁気ヘッドが傷つくとデータが破損すると言うデメリットがあります。

 

また、磁気ディスクや磁気ヘッドが常に駆動するので消費電力が多く大きな負荷がかかるので発熱が起こりやすく、それが原因で故障を起こすリスクもあります。

 

SSDについて分かりやすく解説

SSD
                                          SSD(Solid State Drive)は、半導体素子メモリーチップを内蔵したドライブでそのドライブ内でデータの読み書きが行われます。

 

前述したようにHDDは内臓ディスクを駆動させてデータの読み書きを行います。

 

それに対してSSDは駆動することがないので、時間が短く発熱が少ないのが特徴です。

 

メモリチップ自体も小さくて軽いので持ち運びにも便利で衝撃を受けにくいという特徴もあります。

 

また、これら内部のストレージはデータの読み込み等の処理速度だけではなく、OSやソフトの処理時間にも影響するので、SSD内臓のパソコンなどはHDDを内蔵しているパソコンとは比べ物にならない程、立ち上がりが速いのです。

 

SSDは以上のような非常に優れた特徴を持っているので、近年パソコンに於いてもSSDを搭載しているモデルが増えています。

 

ただし、SSDはHDDと比べて多数のチップが必要になるので、価格も高くなる傾向があります。

 

HDDとSSDの違いとメリット・デメリット

HDDとSSDのメリットとデメリット

                                           ここでは前述したHDDとSSDの違い、特徴を分かりやすくするために一覧にまとめました。

 

一覧にすることによって、双方のメリットやデメリットが分かりやすくなっています。

HDD SSD
データ保存料 磁気ディスクは大容量のデータ保存に適しています。 半導体メモリーチップはHDDに比べると容量は少ないですが、大容量を確保したレンタルサーバーサービスも存在します。
処理速度 データの読み書きに磁気ディスクや磁気ヘッドの稼働時間も加味されるため、処理速度はSSDより遅くなります。 HDDのように磁気ディスクや磁気ヘッドの稼働時間がかからないため、処理速度はHDDよりも速いことがメリットです。
価格 磁気ディスクは比較的安価なため、データ容量当たりの価格が安いです。 半導体メモリーチップは磁気ディスクよりも高価ですが、価格が抑えられたレンタルサーバーサービスも存在します。
耐久性 データの読み書き時に大きな衝撃を与えると、内部の磁気ディスクや磁気ヘッドを傷付けてしまう、データも壊してしまうことがあります。 物理的駆動部分がないため、耐震衝撃に強いです。
電力(エネルギー効率) 物理的駆動の分電力を使い、熱も発生するため、その熱を冷ますべく冷却ファンが作動するなど、多くの電力を消費します。 HDDと比べると物理的駆動がないので消費電力も少なく、熱が発生しにくいです。エネルギー効率は良いと言えます。
重量 磁気ディスクは半導体メモリーチップよりも大きく、重いです。 半導体メモリーチップそのものが小さくて軽いです。

一覧をご覧になられたならご理解いただけるでしょうが、レンタルサーバーにおいては、PCのように自身でメンテナンスを行う必要がないため考慮せずともよいポイントがあることが分かります。

 

特にデータ保存量に対する価格や電力はレンタルサーバー側が負担するものであり、耐久性と重量などもレンタルサーバー側が気にすること(メンテナンスすること)であるのもお分かりになるかと思います。

 

それを踏まえた上で自分に合うもの、自分の望むことを適えてくれるのはSSDとHDDのどちらなのかを考えると良いでしょう。

主要レンタルサーバーの搭載ストレージを比較

搭載ストレージを比較当サイトで紹介しているレンタルサーバーのHHD&SSDの搭載状況を一覧にしてまとめてみました。

レンタルサーバー会社名 搭載ストレージ
Xサーバー SSD
mixhost SSD
コアサーバー ピュアSSD(RAID)
Conoha Wing SSD
カラフルボックス SSD
さくらインターネット SSD
ヘテムル SSD
ロリポップ HDD
バリューサーバー HDD
スターサーバー HDD

なお、この比較表はあくまでも2020年12月の段階の比較表です。

 

最近はレンタルサーバーもSSD化が進んでいます。いずれ、どのレンタルサーバーもSSD化されると予想されます。

 

wordpressでブログを運用するならSSD搭載サーバーがおすすめ

あなたがレンタルサーバーを借りてワードプレスブログを作る事を検討しているならSSD搭載のレンタルサーバーがおすすめです。

 

なぜならばSSDを搭載したサーバーを使う事によって以下のように二つの大きなメリットがあるからです。

 

それぞれのメリットについて解説します。

 

メリットその1 Webサイトの表示を速くすることでユーザーの離脱を減らす

モバイルファーストこれはWebサイトを運営する人全体に言える事ですが、「表示速度が0.1秒遅れると売上が1%減少する」と言われます。

 

現在は数年前と違いスマホユーザーが圧倒的に増えています。

 

パソコンでWebサイトを見る人よりもスマホで見る人の方が増えているのです。

 

スマホユーザーの一つの特徴としては、Webサイトの表示が遅いと表示されるまで待ちきれずに離脱する傾向があります。

 

「Webサイトを閲覧していて、表示が遅すぎるため読まずに離脱した。」という経験はあなたもありませんか?

 

そういう訪れたユーザーの離脱率を少しでも減らす為にもWebサイトの表示スピードはできるだけ速い方がいいのです。

 

特にブログでアフィリエイトを行う時は、表示スピードが遅いと、それが売り上げに直結すると考えておきましょう。

 

メリットその2 SEO(検索エンジンからの流入)の改善

SEO現在のGoogleの検索アルゴリズムの評価基準の一つの「Webサイトの表示速度」という項目があると言われています。

 

つまり、表示速度が遅いと検索エンジンの評価が悪くなるという事です。

 

結果的に評価が悪くなると、検索結果(順位)が落とされます。

 

順位が落ちることによって、SEOでの大きな機会損失が生じてしまいます。

 

しかし、最初からSSD搭載のレンタルサーバーを使う事によって、Webサイトの表示速度が速くなるので、検索評価でのマイナス要因を気にすることがなくなります。

 

更にWebサイトの表示速度が速くなるということは、第一のメリットであるユーザーの離脱を減らすことにも繋がります。

 

以上の二点からも分かるように、WordPressを使ってブログを構築するならSSD搭載のレンタルサーバーの方が断然アドバンテージが高いと言えます。

 

まとめ~サーバー選びに欠かせないストレージについて

今回はレンタルサーバーにおけるストレージについて解説しました。

 

具体的に解説したのは以下の事項です。

①レンタルサーバーとオンラインストレージの違いについて

②レンタルサーバーとオンラインストレージの違いについて

③HDDとは何か

④SSDとは何か?

⑤HDDとSSDの違いとメリット・デメリット

⑥主要レンタルサーバーの搭載ストレージを比較

⑦wordpressでブログを運用するならSSD搭載サーバーがおすすめ

 

少し盛りだくさんの内容になりましたが、この記事でストレージに関する知識をしっかり深めてください。

→ SSDを搭載したハイスペックのXサーバーの詳細はこちらをご覧ください。

 

 

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA