【初心者必見】アフィリエイトを始める時におすすめのドメインの取得法を徹底解説!

ドメイン
「ドメインって、どんな文字列がおすすめ?」
「アフィリエイトを始めたいけど、独自ドメインって何?」
「アフィリエイトにおすすめのドメインを知りたい!」
上記のような疑問を持っている方向けにこの記事を書きました。
まずは、最初に結論を述べておきます。
・独自ドメインの文字列は何でも構わない
・独自ドメインの文字列と報酬との関係はない
とは言え、初めてアフィリエイトを始めるに当たって、おすすめのドメインの取得方法や取得した後に何をすればいいかという事は知っておいた方がいいですよね。
この記事では以下の事を解説しています。
「ドメインそのものに関する知識」
「ドメインの種類と特徴について」
「ドメインの末尾はどんな文字列がオススメ?」
「アフィリエイトを始めるに当たって、おすすめの独自ドメインの取得法」
「最も簡単なドメイン取得方法について」
「一般的なドメイン取得方法について」
「ドメインを取得した後に行う作業について」
以上のようにかなり盛りだくさんになっています。
記事そのものも長くなっていますが、この記事を読むことによってあなたはドメインに対する理解が深まり、もうドメイン選びで迷う事がなくなります。
ぜひ、最後まで読んで、あなた独自の素敵なドメインを取得してくださいね。
という事で、まずは「ドメインとは何なのか」といった基本的な事柄からお伝えしていきます。

ドメインって何?

私たちが普通に生活している中では、ほとんど聞くことがない「ドメイン」という単語ですが、
アフィリエイターにとっては「ドメイン」は普通に使う単語です。
ここで、しっかりと知識としてインプットしておきましょう。
「ドメイン」とは、「インターネット上の住所」を意味します。家を建てる場合を考えてみてください。
まず、家を建てる時には土地を取得します。
土地を取得して初めて住所登録が出来ますよね。
ネット上では土地に当たるのが「レンタルサーバー」です。ですから、レンタルサーバーとドメインは一体化していると考えてください。
あなたも何らかのニュースサイトをご覧になったことがあると思いますが、ネット上では必ずそれぞれのウエブサイトに「URL」というが存在します。
「URL」は「Uniform Resource Locator(統一資源位置指定子)」の略で、正確に言えば、このURLが「インターネット上の住所」を表します
ここまではよろしいですね。
次の解説に移ります。
Googleのドメイン名を例に挙げて解説しますが、ドメイン名は以下のように「.(ピリオド)」で区切った形式で表されます。
「google.co.jp」
この中で、一番右の「jp」を“トップレベルドメイン(TLD)”、その左の「co」を“セカンドレベルドメイン(SLD)”、更にその左の「google」を“サードレベルドメイン”と言います。

ドメインの種類と特徴について

ドメインの種類
次に日本でよく見るドメインの種類と特徴について解説します。
日本でよく使うドメインは以下の通りです。

・商標ドメイン

・ 英語ドメイン

・ 日本語ドメイン

・ 中古ドメイン

この4つのドメインがあります。
以下からそれぞれのドメインについて解説します。

商標ドメインとは?

商標ドメイン商標ドメインとは、アフィリエイトする商品の名称が入ったドメインを指します。
アフィリエイトの手法の中に商品名を中心にブログやサイトを作っていくサイトアフィリエイト」というものがあります。
サイトアフィリエイトでは、多くの場合、「商品名+複合キーワード」でウェブサイトを作成していきます。
その際に使うのが商標ドメインです。
商標ドメインはどんなものがあるかと言うと以下のようなドメインです。
商品名+激安
商品名+口コミ
商品名+最安値
商品名+通販
商品名+レビュー
商品名+評判
このような感じでドメインを取得して、ドメイン名の内容に沿ったコンテンツを作っていきます。
商標アフィリエイトを行う場合は、取得した方がいいドメインはほぼ決まっているので考える必要がないので、とても楽です。
ただ一つの難点は、多くのアフィリエイターがこの方法でドメインを取得するので、人気がある「.com」 「.net」などのドメインはすぐに取得できなくなります。
何しろドメインは早い者勝ちですからね。

英語ドメインとは?

ドメイン
前述したように商標ドメインはすぐに取得できなくなります。
ですから、初心者がドメインを取得するなら一番のおすすめは英語ドメインの取得です。
私のこのブログも英語ドメインを取得しています。
商標ドメインや日本語ドメインは読者に分かりやすく、アピール性があるのでいいとは思いますが、なかなか取得が難しいというのが難点です。
当サイトでおすすめしている特化ブログを作成する際には、どんなコンテンツにも対応することが出来る英語ドメインを取得してください。

日本語ドメインとは?

次に日本語ドメインについて解説します。
日本語ドメインは、URLの部分に日本語が表示されたドメインの事を指します。
一番のメリットは検索ユーザーに対してドメインで目立つことができ、アピール性があることです。
もし検索結果で上位表示できた時には、目を引くタイトルを付ける事によって高い確率でクリックされてブログを見てもらう機会が増えます。
例を挙げておきます。
「ヤフー.com」
「岡村結婚.com」
上記のようなドメインです。
日本語ドメインは、カタカナや漢字、あるいはひらがなと漢字が混ざった文字列でもドメインが他の誰かに取得されていなければ取得することが可能です。

中古ドメインとは?

中古ドメイン
中古ドメインとは、過去に誰かが取得して何らかのウェブサイトを運営したことがあるドメインのことを指します。
中古ドメインは「オールドドメイン」と呼ばれることもあります。
ここでは、中古ドメインという名称で統一して解説します。
中古ドメインを取得する方法はいくつかあり、年間のドメイン取得料だけで取得できる方法もあります。
私は過去に自分で中古ドメインを100個以上取得して、中古ドメインでウエブサイトを作って運営していた時期がありました。
中古ドメインの魅力は何と言ってもドメインエイジを引き継げる点にあります。
※ドメインエイジとは、ドメインの公開日~現在までの期間を引き継ぐ事です。
ドメインは古ければ古いほど有利だと言われており、SEO上も上位表示がしやすくなります。
これに対して、新しくドメインを取得した時のドメインを「新規ドメイン」と呼びます。
新規ドメインはグーグルに認識されるまでに時間がかかるため、あるキーワードを狙って上位表示させたいと思っても一年以上かかることも珍しくありません。
中古ドメインは新規ドメインと違って運用歴が古いので、ドメインパワーもあり上位表示しやすいので、アフィリエイターがこぞって取得していきます。
但し、マイナス面もあります。
中古ドメインならどんなドメインでも構わないと言う訳ではないのです。
また、実際に中古ドメインを使ってウエブサイトを作っていないと上位表示されるかどうかは分からないと言う非常の曖昧な部分もあります。
前述したように、自分で中古ドメインを探して取得する場合は、年間の更新料しかかかりませんが、中古ドメインを専門で扱っているドメイン屋さんで購入すると非常に高くつきます。
高いドメインだと一つにつき、数万円から数十万円するドメインも実際に存在します。
高いドメインを購入したからと言って、上位表示するかどうかは使ってみないと分からないというのが現実です。
ですから、初心者が中古ドメインを使ってウエブサイトを作るのはオススメできないのです。

ドメインの末尾はどんな文字列がオススメ?

次に解説するのはドメインの末尾に使う文字列について解説します。
アフィリエイトのWEBサイトの運営において、信頼性が高く安定しておりオールマイティに利用できるのは、下記のドメインです。
.comドメイン
.netドメイン
この二つの中でどちらかを選ぶなら、「.com」です。
あなたが好きな文字列を含んだドメインを検索してみて、最初は「.com」で検索します。
もし、「.com」が既に取得されていたなら「.net」を取得しましょう。
どのドメイン会社で取得するにしても、一年目の取得料金は「500円~1000円」くらいです。
取得する時期によって各ドメイン会社の取得料金はまちまちです。二年目以降の更新料金は1300円前後のところが多いです。
次にそれぞれのドメイン列の特徴について解説します。

「.jp」についての一般的な知識について

「.jpドメイン」は、japanが略された形式で、日本居住者限定で利用できるドメインのことです。
多くの法人企業の自社サイトに、.jpドメインが採用されています。
非常に信頼性が高いドメインですが、個人で取得する場合はどこのドメイン会社で取得しても
一つだけしか取得することが出来ない特殊なドメインです。
最初の取得料金は3000円を超えます。
二年目以降もそれ以上の更新手数料がかかる為、初心者が取得するのはあまりオススメできません。
他の安価なドメインで充分だと私は考えています。

「.com」についての一般的な知識について

.comドメインは、commercialが略された形式で、ビジネス向けだと言う意味があります。
世界中で一番利用されているのはこの「.com」です。また、日本でも一番人気のあるドメインです。
このドメインに関して多い質問が、「ビジネスでなければ、利用してはいけないのですか?」と
というものです。
でも、心配はいりません。
「.com」は個人ブログでも使っている方が非常に多いドメインでもあります。
使用目的は問いませんので、安心して取得してください。
この記事では「.com」ドメインの本来の意味を解説していますが、多くの人はどんな意味があるかも知らないで使っている人がほとんどです。
日本でも「.comドメイン」は最も一般的なドメインの一つであり検索ユーザーも覚えやすいという利点もあります。
よほどのこだわりがなければ、このドメインを使っていきましょう。

「.net」についての一般的な知識について

.netドメインとは、「network」という英語が略された形式で、インターネットのネットワークと関連するドメインを指します。
.comドメインと同様に、利用目的に関係なく多くの人にWEBサイトの運営者に愛されているドメインです。
この「.netドメイン」が実は一番最初にできたドメインなんです。
日本でもおなじみのドメインで、検索ユーザーからの印象も良いですね。 

「.info」についての一般的な知識について

「.infoドメイン」は、informationが略された形式で、情報関連のウェブサイトに対して、使用することが多いドメインです。
価格が安いのでアフィリエイターにも人気のあるドメインの一つです。
もし、あなたが情報商材を扱うブログを作るなら、このドメインがオススメです。
情報商材とは非常に相性がいいドメインです。

「.org」についての一般的な知識について

「.orgドメイン」は、organizationが略された形式で、個人や非営利団体を意味するドメインです。
「.orgドメイン」を使用しているアフィリエイターは少ないという印象を受けます。
NPO法人などの運営に適しているドメインです。

「.xyz」についての一般的な知識について

お名前.comで激安ドメインとして有名のがこの「.xyz ドメイン」です。
一年目は無料で使用できる場合が多いのが大きな特徴です。
申し込む時期によって価格は変動します。
高い時でも一つのドメインにつき、30円ほどで契約することができます。
二年目以降は1,600前後の更新料が必要になります。
初年度の契約料金が格安なので多くのアフィリエイターが使用していますが、ドメインの数が増えるに従って、二年目以降の更新手数料がかなりかかります。
コストを考えながら、運用する必要があるドメインです。
私も以前いくつかのWEBサイトを「.xyzドメイン」を使って運営していました。
ただ、コンテンツ不足等の理由も含めて上位表示した実績がありません。
あまりオススメ出来ないドメインです。

アフィリエイトを始めるに当たって、おすすめの独自ドメインの取得法

ここでは、アフィリエイトを始めるに当たって、おすすめの独自ドメインの取得方法について解説します。
その他のWEBサイトではいくつか紹介しているものもありますが、私は10年以上色々なWEBサイトを運用してきて人に紹介できるのは以下の三つの方法です。
この三つの方法の中であなたがピンとくるものがあれば、ぜひその方法で取得してみてくださいね。

テーマのキーワードをドメインの文字列に含める

テーマ
まずは、あなたが今後運営していく「ブログのテーマ」に沿った名称をドメイン列に加えるという方法です。
テーマに沿った名称をドメインに加える事によって、SEOも有利に働くことがあります。
また、検索ユーザーの目線からも目に付きやすいなどの利点があります。
例としていくつか挙げておきます。
ダイエットに関するWebサイトを作る場合であれば・・・
「〇〇diet.com」
〇〇の中にはあなたのブログ上のニックネーム等を入れる事により、ブランディング効果も期待できます。
もう一つ例を挙げておきます。
お金に関するWebサイトを作る場合であれば・・・
「〇〇money.net」
〇〇の中にはあなたのブログ上のニックネームを入れてください。

自分の名前やニックネームを同じドメインにする

ニックネーム
これも簡単な方法です。
あなたの名前やニックネームをドメインに含めるという方法です。
この方法は上位表示された時に大きなブランディング効果が期待できます。

ブログ名と同じドメインにする

私のブログであれば「arafiate.com」がブログ名ですが、ドメインも同じにしています。
この方法は読者が覚えやすいという点とブランディング効果が期待できるという二つの効果を狙ってドメインを取得しました。
もう一つ解説しておくと、アラフィフ(50代)に向けて「近い将来お金に困らない為に今から準備してブログを作っていきましょう」というのがブログのコンセプトです。
そして、その具体的な方法が「アフィリエイト」です。
アラフィフとアフィリエイト、二つの単語を掛け合わせて「アラフィフエイト」と命名した訳です。
そして、ドメインは「arafifate」です。
こんな感じで読者が覚えやすくて、ブランディング効果が期待できる文字列を考えて作るのも一つの方法です。

最も簡単なドメイン取得方法について

ここでは最も簡単なドメインの取得について解説します。
何が簡単かと言いますと、ドメインを取得した後に面倒な作業が不要になるという点です。
特に初心者の場合は、ブログを作るとなっても色々な作業をしなければなりません。
下手をすれはドメインを取得する最初の段階や、レンタルサーバーを借りる時に契約が面倒で挫折する人だっています。
ですから、とにかくブログの記事を書き始めるまでの作業を出来るだけ簡素にして早く記事を書いていく為に最も簡単な方法だという事です。
それは「Xサーバー」で一年契約で契約を行い、ドメインを取得してしまうのです。
Xサーバーでは一年以上の契約を行うと、好きなドメインが一つ無料で取得できます。
さらに、二年目以降もレンタルサーバーを使い続ける事によってドメインの更新手数料は永久無料です。
ちなみに私も2009年からずっとXサーバーで運用しているドメインがありますが、ずっと更新手数料はかかっていません。
この方法でドメインを取得すると永久無料という特典の他にもう一つメリットがあります。
それは何かと言うと、ドメインを取得した後に、ネームサーバーの変更手続きを行う必要がないのです。
分かりやすいように一つ例を挙げておきます。
あるドメインをバリュードメインで取得した場合、Xサーバーとバリュードメインの両方でネームサーバーを変更しないといけません。
ほんの五分ほどで終わる作業ですが、初心者にとっては難しい場合もあります。
この設定は新しくドメインを取得した際には、それぞれのドメインに対して毎回行うことが必須です。
取得したドメインをレンタルサーバーで使用するためにはそのための設定(手続き)が必要になります。
利用するドメインの情報を登録したレンタルサーバーが、所有するネームサーバー(DNSサーバー)をドメインに紐づける作業です。
この作業を「ネームサーバーの変更手続き」と呼びます。
ただし、設定は一度だけです。
ちなみに10個のドメインを同時に取得した場合は、同じ作業を10回繰り返して行わないといけないのです。
この作業が不要になるので、Xサーバーを契約してドメインを取得しましょうという事です。

一般的なドメイン取得方法について

ここでは、Xサーバーを一年以上の長期契約をして、永久ドメインを取得する以外の方法を解説します。
独自ドメインを取得できるドメイン販売会社は、いくつかあります。
ここでは、バリュードメインとお名前.comの二つのドメイン会社での登録方法について解説します。

バリュードメインでのドメイン取得法について

まずは、以下からバリュードメインの画面に入ります。
①バリュードメインのページ上部にあるナビゲーションの「ドメインの登録 > 空きドメイン検索」をクリックします。
ドメインの登録
②希望の文字列を入力した後に、検索をクリックします。
希望するドメイン名を入力
③取得可能なドメインの場合は、ドメインの欄に「取得可能」の表示がされます。
欲しいドメイン列が見つかったら、「取得可能」をクリックします。
購入可能なドメインの一覧
④すると画面が変わって、ユーザー登録の画面に移行します。
ユーザー名の登録
⑤ドメイン名や価格を確認します。
「登録者情報欄」にはユーザー登録時に登録した連絡情報が自動的に表示されますので、変更がある場合のみ入力します。
ドメインの登録と金額の確認
登録者情報はWHOISに公開されますので、正確に入力します。
⑥個人情報を公開するのが不安な方は、JavaScriptを有効にし「弊社の代理名義にする場合はここをクリックしてください。」をクリックします。
この設定を行うことにより、あなたの個人情報は保護されます。
最初にきちんとこの設定を行うことを推奨します。
なお、「WHOIS」については、後ほど詳しく解説します。
下にスクロールしていくと、下記画面のように料金の支払いのオプション画面が出ます。
あなたが支払いする方法をクリックして、支払い方法を確定します。
支払い方法の確認
⑦登録オプション方法を選択します。
• リアルタイム処理
次の画面ですぐに登録処理を行います。⑤へ進みます。
• 予約処理
すぐには登録されず指定した時間帯に自動登録を行います。5−2予約処理の場合へ進みます。
⑧全ての情報を入力、確認しましたら「登録」を押します。
メッセージが表示されますので、確認して「OK」を押します。
⑨ドメイン登録が完了します。
「ドメイン一覧に戻るにはここをクリックしてください。」をクリックします。
ここまでが一連の流れになります。

お名前.comでのドメイン取得方法について

お名前.com
まずは下をクリックして、ドメインの取得画面に入ります。
一番上の「検索窓」にあなたが取得したいドメイン列を入力します。
そうすると、検索が始まります。取得可能なドメイン列が表示されます。
金額は日によって誤差があります。
ここでは、.comにチェックを入れてクリックします。
ドメインの選択
チェックを入れたら、右側の「料金確認へ進む」をクリックします。
すると以下の画面に移行します。
申し込み画面
右側に「初めて利用の方」向けにメールアドレスとパスワードの入力画面が表示されます。
続いて、個人情報を入力する欄が表示されます。「必須」と書かれてある欄には漏れなく入力していきます。
これでようやく、手続きが完了します。
次に支払い項目が表示されるので、決済方法を選択して決済をします。
これでドメインの所得が完了しました。

初めてドメインを取得する際は一年更新がおすすめの理由は?

独自ドメインを一番最初に取得する際には、更新期間を設定することが出来ます。
私がオススメするのは最初の更新期間は一年としておくことです。
理由は二つあります。
一つ目は3年や5年と長い契約をすると最初に支払う料金が高くなります。
最初からそんなリスクを背負うことはないからです。
二つ目は、最初は誰でもやる気があってブログを作っていこうと思いますが、続けているうちに色々な事情で更新が出来なくなったり、辞めてしまう事もあるかもしれません。
そんな二つの理由から、更新期間は一年とするのが妥当だと思います。

ドメインを取得した後に行う作業について

ドメインを取得する前後には必須の二つの作業があります。
ドメインを取得する前に行う作業が「Whois情報公開代行の設定」とレンタルサーバー側との紐づけ作業です。
これは必ず行っておきましょう。
一つずつ解説します。

Whois情報公開代行の設定は有効にしておく

次に解説するのは、「Whois情報公開」についてです。
この設定は独自ドメインを取得した際には必須だと思ってください。
そして、この設定は一つ一つのドメイン毎に必要になります。
もし、この設定を忘れてしまうとあなたの個人情報はネット上にバラまかれます。
あなたの名前や住所、メールアドレス等の個人情報がすべて筒抜けになります。
このWhois情報は、「DomainTools」を使うと、誰でも簡単に調べらることができます。
独自ドメインの契約の際、Whois情報公開代行を設定しておくことで、ドメインの販売会社の情報が代理で表示されるため、自分のプライバシーを守ることができます。
特にお名前.comでWhois情報公開代行の設定を忘れてしまうと、毎年、追加料金を請求されます。

レンタルサーバーとの紐づけを行う

ドメイン販売会社で購入した独自ドメインは、レンタルサーバーと紐づけを行う事で表示されるようになります。
これが出来てようやく終了です。

まとめ~アフィリエイトを始める時におすすめのドメインの取得法について

今回は、以下のことについて解説しました。
「ドメインそのものに関する知識」
「ドメインの種類と特徴について」
「ドメインの末尾はどんな文字列がオススメ?」
「アフィリエイトを始めるに当たって、おすすめの独自ドメインの取得法」
「最も簡単なドメイン取得方法について」
「一般的なドメイン取得方法について」
「ドメインを取得した後に行う作業について」
かなり長い記事になりましたが、ドメインに関するひと通りの知識を学んでいただくことができたと思います。
初心者の方で今からアフィリエイトを始めようとしている方にとっては少し難しい内容だったかもしれません。
でも、アフィリエイトを本気で実践して稼いでいくには一日も早く初心者から抜け出さないといけません。
どんな分野で何を始めるにしても最初は誰でも初心者です。
でも、一か月で初心者から抜け出す人もいれば、いつまで経っても初心者から抜け出すことが出来ない人もいます。
あなたはいつ初心者から抜け出すことが出来ますか?
そういう事も意識しながら日々の作業を行っていきましょう。
(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

CAPTCHA